自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
バイク駐車場(オートバイ駐輪場)での被害とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
バイク駐車場(オートバイ駐輪場)での被害とは?
駐車場で盗難や車上荒らしの被害に遭うおそれのある車両は
四輪の普通自動車だけでなく、単車専用の駐輪場(ちゅうりんじょう)に
止めるバイク(オートバイや原動機付き自転車)にも危険はあります。

スーパーやデパート、空港、駅前、テーマパーク、公園、学校、会社、
スポーツセンター、マンション、アパート、月極駐車場、自宅のガレージなどに
用意されているバイク駐車場のスペースに停めたオートバイも、
離れている間に部品を外されたり、盗まれてしまう被害は多発しています。

また、いたずらをされてボディに傷を付けられたり、ミラーを割られる、
落書きをされる、転倒させられる、といった被害も起こりえます。
他のドライバーの人が誤ってぶつけてしまったり、通行してる際に
不意に停まっているバイクとぶつかって押し倒されてしまう事もあります。

これらのトラブルで大抵の場合はそのまま逃げられてしまい、
監視カメラにでも映っていなければ誰がやったかわからずに、
結局修理代や買い直しにかかる費用は自分で支払う羽目になる事も多いです。

100%被害を防ぐことは不可能ですが、防犯対策のグッズを取り付けたり、
駐車場内の隅の方など、クルマや通行人がぶつかりにくい位置に停める、
といった対策を日々心がけておかれる事でもトラブルに遭う確率を軽減できます。

またバイクの保険にこれらの補償を受けられる特約を付けておくと安心です。
あまり路上など無用心な場所には長く停めないようにして、
なるべく少し遠回りをしてでも安全な料金制の駐車場まで移動して
オートバイを駐車されるのが望ましいです。

また、豪雨や強風、砂埃、雪など自然的なダメージを受けるおそれもありますので、
屋内もしくは屋根のある駐輪場を優先して停めると良いでしょう。

大型バイクなど値段が高い車両や人気メーカー製のオートバイなどは
中でも、盗難の被害に遭う確率は高いので気をつけましょう。
特に、高額な単車の場合はバイク盗難保険に加入されておかれる事をお薦めします。
駐車場のトラブル対処 | | バイク駐車場 | 2010/11/21 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-309.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。