自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
車の修理の時、自動車保険をどのように使うべきか?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
車の修理の時、自動車保険をどのように使うべきか?
自動車を日々運転されている方には、車の故障や自己による破損などで
修理をしなければならない可能性がやはり常に存在します。

当て逃げ、飛び石、エンスト、すり傷、タイヤのパンク、そして中でも
衝突事故による車両の大破(もしくは中破)が最も恐ろしいものです。

そんなときのための助っ人として自動車保険があるのですが、ここで少し難しいのは
どのくらいの破損状態の時に保険を使うか、という点です。

保険を使うのは必ずしも得ではない?


飛び石に当たってフロントガラスが割れたりボディが凹んだりした時は自動車保険を
使って修理費を一部賄ってもらっても等級(保険料率)はそのままで継続できるのですが、
追突事故などの大きな破損の際に保険を使うと、修理費を賄ってもらえるかわりに
等級が3段階下がってしまいます。

等級が下がると支払う保険料が上がってしまうのですが、事故の後ににかかった
修理費や医療費などの金額を考えると普通は使った方が、保険料率の差額から
考えて、得をします。

しかし、例えば自動車事故に遭われる前の等級が20等級だった場合、17等級まで
下がっても保険料率は2%上がるだけで済むのですが、もし事故の前が4等級だった
場合は1等級まで下がってしまい保険料率は一気に60%も上がってしまいます。

等級は下に位置するほど料率の上がり方も激しいため、場合によっては後々でかえって
損をしてしまう、というケースもあります。

もしそこそこ修理費のかかる事故に遭われてしまった際には、現在での自分の
等級の位置と下がった後の料率を考えて、保険を使うと使わないでどちらが最終的に
得をするか念のために計算してみるのも良いと思います。
車体の故障修理 | | 車関係なんでも | 2008/08/13 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-31.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。