自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
車両保険は一般条件とエコノミーで違う?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
車両保険は一般条件とエコノミーで違う?
自動車に任意で掛ける損害保険商品を取り扱われています会社から
提示されているプラン設定の中で、車体の破損に掛かる修理費や買い替え費用を
補償できる『車両保険』には【一般条件】【エコノミー】といった複数の
コースが用意されているプランが多くあります。

自動車保険料のお見積り計算を行ってもらった事のある方でしたら
ご存知かと思われますが、車両保険を付帯するのとしないのでは
支払う料金の差にかなり金額の開きがあります。

なので、割り当てられるご予算の限度額によっては、全ての補償を掛けずに
いくつかに限定してコースを選択し、安いプランにされてみるのも一つの選択です。

一般条件


こちらは車両保険を付けて補ってもらえる全ての補償が組み込まれた、
名称の通り一般的な、オールリスク対応型の標準コースになります。

車体に受けてしまったあらゆる被害、例として衝突によるボディの破損や故障、
ガードレースや電柱、塀などに衝突してしまう自損事故での大破や、
他に台風など一部の災害を受けての損壊、いたずらや犯罪に遭われた時の被害、
また火災による爆発や、走行中のフロントガラスへの傷など様々な被害が対象です。

毎月または毎年一回支払う保険料はその分高くなります。

エコノミー特約


こちらは上記の損害の補償のうちいくつかが非対象になる限定コースで、
対向車との衝突・接触事故は補償してもらえるかわりに、
自損事故による車体破損や災害、盗難・悪戯による被害には保険金が出ない、
という具合の軽量化されたプランになります。

エコノミーでの保険料は一般条件のコースよりも大きく下がり、
また補償の限定対象の項目は各会社によって異なります。
会社によって上記2コースの名称は少し違う場合もあり、
例えばチューリッヒの場合は『ワイドカバー型』『限定カバー型』という名称です。

これから自動車保険に新規加入されたり契約会社を変更してみよう、という際に、
車両保険の有無を決める場合にシミュレーションでのご参考に頂けたらと思います。
車両保険の必要 | | 車両保険 | 2011/02/04 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-316.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。