自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
地震保険は震災で壊れた自動車を補償できる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
地震保険は震災で壊れた自動車を補償できる?
地震保険(じしんほけん)とは、大地震などの揺れで被害が発生した時に
その補償をしてもらうための損害保険です。

強い揺れで家屋や建物が倒壊してしまったり、地震による火災で火事が起きた場合、
また津波や液状化・洪水などの水害で家や家財・物品が水没してしまった時などに、
全損か半損、または一部損など損壊の度合いによって損害額を填補してもらいます。

独立した補償サービスではなく火災保険に加入した時に付帯するオプションという
形で加入するプランとなります。
(逆に火災保険だけでは地震の損害補償が適用外になりますのでご注意下さい。)

地震保険や特約を実施されている会社は主に『損保ジャパン』 『三井住友海上』
『東京海上日動』 『全労済』 『コープ共済』 『日本震災パートナーズ』など。

災害補償の特約


車両保険の場合は、地震で破壊されてしまった車の修理費や買い替え費用が
通常のプランでは対象にならないものが多く、そこで地震保険の方では?
というご質問なのですが、残念ながら火災保険に付帯の地震保険では
自動車やバイクの被害も適用外となります。

ですが、地震や津波、洪水、大雪、火山の噴火といった自然災害に遭われた時に
損害額の補填をしてもらえる特約付帯を実施されている保険会社も勿論あります。

震度6~7もの大震災が起こってしまうと、建物の倒壊や急な交通事故、
大津波や大洪水、液状化、広範囲での火災が発生する確率が高く、
また道路もひび割れて破壊されている場所が多くなり、そして避難のための
大渋滞ラッシュやパニックが起こる事もありえます。

そんな時、運良く前震や本震の直後は車が無事だったとしても、
バイクや自転車はともかく普通自動車や大型車、特殊車がまるで道路上で
走行できない状況になり、その間に二次災害によって被害を受ける事もあります。

大地震が起こると想定外の事態がいつどのように起こるか予測が非常に難しく、
車が損壊してしまう事態についても考慮して、災害補償の特約も
自動車保険のオプションで付帯しておかれる事を推奨します。
車両保険の必要 | | 地震・震災対策 | 2011/03/29 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-319.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。