自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
カーリースの自動車にかかる保険は?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
カーリースの自動車にかかる保険は?
カーリースとは、自動車を企業のサービスから長期間借り受けて
契約期間の間、使わせてもらう、レンタカーの長期間版のようなサービスです。
オートリース[Auto Leasing]とも言います。

主なカーリースのサービス企業は
イチネン、オリコ、オリックス、キリックスリース、ジーイーフィナンシャル、
スマイルレンタカー、ダイヤモンドオートリース、トヨタ、ニッポンレンタカー、
マツダ、三菱、住友三井、東京オートリース、日産、日本カーソリューションズ 等。

また、法人向け、個人向けそれぞれのコースがあります。
一時的にある程度の期間、運転をする場合に便利なサービスです。

そして、レンタカーで借りるクルマと同様、カーリースで借用する車も、
やはり借り物の商品であるため、自動車任意保険と同様の補償を受けられる
損害保険に、契約内容の一つとして加入する必要があります。

まず、リース契約の際に会社の方で保険を掛けてもらう場合は
すでに自分で過去に加入していた任意保険で上げていた等級を引き継いでもらえる
会社もあるので、支払う保険料の分の計算が割引になってお得です。
(ただ、リースの期間中に一年を迎えても等級は上がりません。)

また、自身で指定の保険会社に加入してリース車に掛ける事もできます。
この場合は等級も、自身の所有する車の場合と同じく一年ごとに上がります。

ただ、リースでは車両保険を付帯しなければならないので、どちらにしても
保険料はある程度高くなりがちですが、もし交通事故などでリースした車が
大破して全損しても、保険で損害金の大半~全額を補填してもらう事ができます。

なお、カーリースもやはり自賠責保険の方への加入義務があります。
補償は一通り十分に揃っていますので、リース車も安心してお使いできます。
新規加入時 | | リース | 2011/05/21 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-323.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。