自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
クラシックカー(旧車)の保険とは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
クラシックカー(旧車)の保険とは?
[クラシックカー]とは1960年代やそれ以前の時に生産された、年代ものの
古い型の自動車やバイクの事を差します。
[ヒストリックカー]、[ノスタルジックカー]、[旧車](きゅうしゃ)とも呼びます。

旧車である基準は、製造されたから何十年ほど経過したか、または製造年代で
区切る場合があり、特に1945年以前の物は[ビンテージカー]や、[ベテランカー]と、
更に細かく名称が分けられています。

トヨタのACやクラウン、マークII、日産のブルーバード、セドリック、スカイライン、
メルセデス・ベンツSSK、T型フォード、ダットサンDA 等。

自動車愛好家の方にはこれらクラシックカーを好まれて現在でも使われている
方も多く、その車両にかける損害保険も少し普通の自動車とは違う部分もあります。

クラシックカーは歴史的価値が付くものであるか、また現在は生産終了しているか、
それとも旧式の設計のまま近年で製造された物であるか、当時そのままの車か
そのレプリカ車か、という基準で車両の価値もそれぞれ違ってきます。

例として、[エース損害保険]では旧車専門のコース『クラシックカー保険』が
実施されていて、車両保険は入られる際に、対象の旧車の現在の市場価格や
保管状況、コンディションなどを査定して保険金や支払う保険料が設定されます。

(他の、自身の怪我の治療費や入院などに対する保障や、人的・物的な損害賠償の
 補償については、普通自動車のコースとはあまり変わりません。)

ヒストリックカーをご使用される状況によって割引サービスも実施されています。
旧車に乗り換える際にも、普通に等級割引やノンフリート等級も引継ぎが行えます。

ただ、やはり古い車体という事で希望されている保険内容の設定が必ずしも
当てはめられない場合もありますので、保険料お見積もり計算の時には
念のため、何回か念を入れて試算をしてから決められる事をおすすめします。
中古車の状態 | | 旧車 | 2011/05/30 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-324.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。