自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
50ccバイクの保険は?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
50ccバイクの保険は?
排気量が50ccから125ccのオートバイや原動機付き自転車の二輪車両は、
大型バイクや普通自動車に比べると安価で購入できる、簡易的で予算的に
とても楽な乗り物のですが、小型とはいえガソリンを使用する車両なので
強制加入が義務付けられている自賠責保険に入る必要があります。

ただ、それだけでは十分な補償が対策できず、交通事故などで相手に怪我を
させてしまった場合の賠償金を少ない金額で補填してもらえるのみです。

接触事故の相手の乗り物や物品を壊してしまった場合の賠償金や、
ご自身が怪我をしてしまった場合の治療費と物的損害の補償、
また相手に大怪我をさせてしまった時や、死亡、後遺障害の場合に足りない
金額に上乗せをしてもらうには、任意保険にも加入する必要があります。

現在50ccから125ccのバイクを一台購入しただけの時は、
自動車保険会社にインターネットや申込書、支店、代理店、ライフパートナー等で
加入の手続きや料金の見積もりをしていく事になります。

50cc~125ccの単車にかかる購入費はそれほど高くないので、
車両保険の有無は必要に応じて付けるか付けないか、くらいでも大丈夫でしょう。

走行距離や地域、バイクの性能や大きさ、その他ご自身の生活環境などを見て
じっくりと説明を読んで、一つ一つの項目をチェックして決めていきましょう。
すでに自動車を購入して任意保険をかけている場合はバイクの方も
一緒に加入すれば大分手続きも楽になります。

ただ、『ファミリーバイク特約』をご利用すれば、保険料が節約できてお得です。
バイクのドライバー本人が怪我をしてしまった時の補填など一部の補償が対象外に
なるのですが、ファミリーバイク特約の場合は事故を起こして保険を使っても
等級割引が下がらずに済みます。

普通の任意保険とファミリーバイク特約、それぞれメリットとデメリットがありますので
すでに自動車保険に入られている方はじっくりと考えて、コースをお選び下さい。
バイク・原付 | | バイクのある生活 | 2011/07/11 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-327.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。