自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
レンタルサイクルで借りた自転車が故障した時は?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
レンタルサイクルで借りた自転車が故障した時は?
レンタルサイクルは、サイクルショップの店舗や観光案内施設で自転車を一日借りて、
その周囲の地区で観光などの目的で乗る事ができるサービスです。

自転車はしっかりと点検されているので、ペダルやブレーキなどのどこか一部分の
パーツが壊れていたりタイヤが磨り減りすぎている事はまず無く、
またギアなどの機能も充実しているので安心して走行できます。

電動アシスト自転車など、更に充実した機能の自転車を借りられるサービスもあります。
(その分、値段が高くなる場合もあります。)

借りる自転車には通常、保証や盗難防止の防犯登録も付帯していて、
レンタルの値段にその補償金額も含まれているので、何かトラブルがあった時も
店舗の人に対応してもらえます。(サービスによって異なる場合もあります。)

例えばもし、走行中にタイヤがパンクしてしまい空気が抜けて走行できなくなったり、
どこかに激突したりブレーキペダルを強く引きすぎてブレーキが切れてしまった時等、
自転車の一部が壊れてしまった場合でも、

まだ使用できるレンタル時間が十分に余っていたら、店舗の方でパンクや破損を
すぐに直してもらうか、別の自転車に変えてもらって走り直す事もできます。

ただ、その際には壊れた自転車のハンドルを持ってを引いて歩きながら
走行した距離の分を店舗まで戻らなければならないので、
大幅な時間と体力のロスになってしまう事もあります。

なので、タイヤのパンクやパーツの故障が起きた時には、一度借りた店舗の方に
電話で連絡をして、どうすればよいか聞いて見た方がよいです。
サービスによっては走った先まで自動車で迎えに来てくれる所もあるかと思います。

あまり整備されていない山道などの場所を走行していると、木の棘や石の角が
タイヤに刺さってパンクしてしまう事もあるので、観光地によっては
走行する道に十分に注意して下さい。
自転車の安全対策 | | 自転車パーツ・サイクル用品 | 2012/03/03 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-338.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。