自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
海外旅行保険に加入しておく必要性の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
海外旅行保険に加入しておく必要性
海外旅行中

海外の地域に旅行や出張、知人に会う等の用事で渡航している間に、
もし現地で自動車をレンタカー等で借りて乗る時には、
しっかりとしたサービスで自動車保険が付帯されている確認する必要があります。

または知人にクルマを借りる場合でも、その車にちゃんとご自身にも適用できる
保険が掛かっているか見直して、またはドライバー保険に加入をしてみましょう。

特に日本の国外では、日本より道路での運転自体は簡単とはいえ、
交通ルールや損害保険に関する基準も異なり、トラブルに遭ってしまうリスクも
高くなりがちなので、出来る限り様々な注意をしていく事が重要になります。

ただ、それだけでは他の色々な不足の事態を補いきれないので必ず
「海外旅行保険」にも加入することが極めて重要になります。

海外旅行保険の主な補償
  • 傷害死亡
  • 後遺障害
  • 疾病死亡
  • 治療費用
  • 救援者費用
  • 携行品損害
  • 航空機委託手荷物遅延
  • 物品の賠償責任
  • 遅延時の宿泊費

例えば万が一、海外現地で飛行機や船舶、鉄道、バス、タクシー、ケーブルカー等の
交通機関の乗り物に乗って移動している最中に

その乗り物が交通事故に遭ってしまったり、機械が故障して大幅に遅れてしまった場合、
乗っている最中に急に体調が悪くなって治療が必要になった場合、
誤って他の乗客の人の荷物を壊してしまったり、または怪我をさせてしまった場合、
心身、金銭、スケジュールともにかなり多くの損害が出てしまう可能性もあります。

海外でそんな予期しないトラブルに遭われてしまった場合に、
あらゆる損失の補償や損害の賠償を請け負ってもらえる海外旅行保険に予め入っておくと
ひとまず金銭面では安心して現地での渡航生活を送る事が出来ます。

他のクレジット付帯などでの海外旅行保険や自動車保険との併用・上乗せも
基本的には可能です。

もちろん乗り物に乗っている間だけではなく、渡航中のほぼ全てのアクシデントで
発生してしまった損害に対して補償をしてもらえます。
また、電話サービスで困ったときにアドバイスを訊く事もできます。

海外旅行保険料の金額は、保険金を制限付きにするか無制限に設定するか、などの
細かい設定である程度変更できるのですが、余裕があれば
治療費などの保険金を多い額に設定するなどしてみて下さい。

海外旅行保険は旅行代理店にツアーを申し込む時に申し込み用紙を書いて、
即日ですぐに旅行期間の間を目安に、一時的な日数分で加入できます。

またはご契約されているクレジットカード会社に海外旅行保険の付帯サービスが
付いていたら、多少サービスが劣りがちですがそちらに加入する方法もあります。

成田国際空港や関西国際空港、中部国際空港セントレア等のエアポートの
フロア内にある海外旅行保険のカウンターで、出発当日に加入しておく事も出来ます。

現地での予期せぬトラブルはいつ降りかかるかわからないので、
予算を渋らずに必ず渡航の日数分、トラブルに備えて保険に加入する事が大事です。
ドライブ旅行中 | | 海外旅行保険 | 2012/04/27 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-340.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。