自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
バイクと自転車の便利さを比較すると?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
バイクと自転車の便利さを比較すると?
バイクや原動機付き自転車は、ペダルを足で漕いで進む自転車と違って
ご存知ガソリンを使ったモーターでタイヤを回転させて高速で進む乗り物なので、
やはり自転車よりもずっと便利で速い、という印象が強いですね。

実際、中距離くらいの目的地への移動ならバイクが小回りが利くので
時には四輪自動車よりもとても速く到着できる場合もあります。

ですが両方の便利さを比較すると、必ずしもすべての場合で自転車よりも
有利な乗り物であるとは限らず、時には自転車の方が便利で早く着くパターンもあります。

まず、自転車の場合はバイクよりもさらに小回りが利いて、
細い道も普通に走行しながら通れて、一応路肩の歩道も(現時点では)通行できます。

そして近道がしやすく動きやすいので、短距離での移動ならば自動車やバイクより
早く到着できる事も多いです。

例えば自動車やバイクで行く場合大きく迂回したり、大通りで車列に並びながら
信号で長く待機する事の多い道のりだと、細道を通って最短の近道で
小回りを利かせて進める自転車の方が速く着きやすいです。

目安としては自転車で走って20分前後くらいの距離が、どちらが早く着くかの
だいたいのスピード比較の目安になります。

それ以上の距離になると、クルマやオートバイのスピードに追いつかれてきます。

また自動車、バイクと違ってガソリンを消費せず、保険料もあまりかからないので
購入費用や所有する維持費はずっと安上がりで済みます。

ただ、ペダルを足で漕いで移動するので、運動にはなるのですが
毎日の通勤や通学、送り迎えで坂道を走るのが疲れる、という場合は
電動機付き自転車を使うか、車やバイクを買うのがやはりおすすめです。

自宅の近くに電車の駅が多ければ、案外自動車やバイクがなくても自転車だけあれば
それほど困らなくて済むことも多いです。

しかし逆に、家から駅やバス停がだいぶ離れていたり、駅や路線が少なく広々とした
地域にお住まいの方は、やはり自動車やオートバイが必要になってきます。

交通事故に遭ってしまう可能性としてはどの乗り物を比較しても、
本人の日々の運転時の気配りや走行スピード、注意力、体調などの面が大きいのですが、

特にバイクは身体を露出させている上にスピードが速いため、転倒すると大怪我になる
危険があるため、やはり安全運転を十分に心がけていきましょう。

もちろん自転車でも転ぶと怪我をする可能性もありますし、
人にぶつかって怪我をさせてしまったらやはり賠償金の支払い義務なども発生します。

どの乗り物でも、損害保険にはしっかりと加入をしておきましょう。
バイク・原付 | | バイク | 2012/05/27 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-342.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。