自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車保険を解約しなければならないケースとは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車保険を解約しなければならないケースとは?
今までに加入していた自動車保険を止める、または契約会社の変更や
他の方への引継ぎをする場合など、車両損保ではたまに一度解約手続きを
行う必要が出てくる場合もがあります。

主な契約解除の例


・自動車の買い替えによる補償の契約変更のため。
・等級の低下により保険料の負担が増大してしまった。
・年内の交通事故が多かったため翌年の継続契約の審査が通らなかった。
・クルマがエンストや交通事故で使い物にならなくなってしまった。
・またはその機会に自家乗用車を持つ事をやめる。
・老齢になったためクルマを誰かに譲渡したり売却・処分を行う。
・交通事故や道路交通法違反を引き起こしてしまい運転免許が剥奪されてしまった。
・今まで加入していた保険会社の制度が自分の環境と合わなかった。
・怪我や病気によりクルマの運転が長期的にできなくなった。
・経済的な事情によりやむなく自家乗用車等を手放すになった。
・海外など遠くへの引越しにより契約会社を変更する事になった。

自動車保険を解約する際に、他の保険会社に変更する際には今までに
上げてきた等級の引継ぎを行える制度がありますので、忘れないように
必ず注意しておいて下さい。

普通は一年に一回の契約更新を行うのですが、上記で挙げたように
急にどうしても来年度への継続が出来ずに解約しなければならない場合は
たとえ積み立て型保障に入っていても解除せざるを得ないケースも
出てきますのでご注意下さい。

自賠責保険は強制加入ですが、任意保険の方は絶対必要というわけではなく、
各社によってもサービスや保険料が異なリます。

ですが多といえ一時的奈な無保険状態での運転でも、任意保険があると無いでは
比較にならないほど金銭面、トラブル面での安全度が違います。

自賠責のみでの運転をしている時に交通事故に遭う危険を無くすために、
契約変更の手続きや解約をなるべくしなくて済むよう事前によく下調べをして、
なおかつ必ず任意保険有りで運転ができるように、損保会社のアドバイザー
ライフパートナーの方とよくご相談をされる事をお薦めします。
解約・中断・休止変更 | | 生命保険・損害保険 | 2008/10/19 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-36.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。