自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車保険の見直しをする時のポイントとは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車保険の見直しをする時のポイントとは?
自動車保険・共済で有名な企業には、
JA共済、あいおい損保、アクサダイレクト、アドリック、アメリカンホーム、セコム
、セゾン、ゼネラリ、ソニー、そんぽ24、チューリッヒ、三井ダイレクト、全労済~
と数多くあるのですが、それぞれの契約内容やサービスによっても大きな違いが
ある事はご存知でしょうか?

例えば実際に軽い衝突・人身事故などの交通事故に遭われてしまい
自身、または相手の方が負傷されてしまったり車体に損傷が出てしまった時、

あるいは盗難やいたずらに遭ってしまった場合にいざ保険を適用しようと思ったら
契約内容に沿わずに振り込まれた金額が少なかったり、サービスが不十分だった、
という苦い体験談を周囲で聞かれた方も多い事でしょう。

日々支払う保険料やその他の概要については車体の状況や経過日、運転する回数
など様々な条件によって知らないうちに変わってしまう事もありますので、
特に以下のポイントについてはたまに見直しをして、現在の状況に合っていなかった
場合はすみやかに契約変更の手続きを行われるのが望ましいです。

まずは等級制度。年々必ず保険料の変化に関わってきますので、
毎年どのように支払額に影響されているか、自分の現在の等級のランク
とともにチェックしてみて下さい。

次に家族構成の変化で、契約されたお車を運転される方の人数が
変わった場合は必ず更新または確認を取る必要もあります。
年齢条件の設定次第では、最近で免許を取得された方が運転されていた
場合、保険の対象とはならないケースもあります。

また二台目割引サービスの特約を実施されている会社もありますので、
複数の車両を一家にお持ちの方はぜひ活用されてみて下さい。

そして、会社によってのそれぞれ保険料やサポートの内容は違いますので
自分に合わないと感じたら思い切って契約会社を変更されるのも一つの方法です。

他にもお引越しや出張で移転されて走行するエリアが変わるときなど、
車に関する身辺での大きな移り変わりがあった際には必ず保険会社や代理店に
確認のお問い合わせをされてチェックを行うくらいがやはり安全でしょう。
プランの見直し方 | | 自動車保険 | 2009/04/16 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-49.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。