自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
パンクしたタイヤを交換修理するのに保険は適応できる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
パンクしたタイヤを交換修理するのに保険は適応できる?
自動車のタイヤが突然パンクしてしまった時の対処方法について。

クルマ(四輪車)の車輪[ホイール]に取り付けられているゴムタイヤは、
主に走行中に受ける衝撃の緩和・吸収や滑り止め、安全性の向上を
目的としてほぼ全ての車両の分類である乗り物に設置されています。

一般的な自家乗用車の他にも自転車やバイク(自動二輪車)、特殊車、
モノレールや地下鉄などの鉄道、飛行機など幅広く導入されています。

長い期間道路を走っていますと自転車と同じく路面への摩擦により次第に傷んで
磨り減っていきますので、数年おきに交換するため新しく買い換える必要があります。

タイヤ館や自動車関連のパーツ店、また現在は通信販売でもお気軽に購入が
できますし、激安比較サイトで値段を比べてみるのも一つの方法です。
交換修理を行う時には主に修理業者やガソリンスタンド、カー用品店にて
行ってもらいます。

しかしタイヤは自動車本体というよりは備品の扱いとなりまして、
傷んできたために交換する場合や走行中などに突然パンクしてしまった時などの
例だと、自動車保険を使って費用を削減する事はできませんのでご注意下さい。

すなわちタイヤの代金自体への保険は通常適用できないのですが、そのかわりに
急なパンクなどの際に保険会社によって実施されているロードサービスを使って
レッカー車による移動の依頼を行ったり、スペアのタイヤに交換作業をしてもらう
アシスタントサービスを受ける事はもちろん可能です。

また火災事故や盗難により車体とともに破損・損失の被害を被ってしまった
場合にはタイヤにかかる分も保険に適用してもらう事ができます。

ただ、軽い物損事故の場合での被害額が免責金額の範囲内で収まってしまったり、
盗難被害の場合は審査が厳しいなど、保険会社によってもその対象は違ってきます。

しかし、上記に挙げた通り、ゴムタイヤはスリップサインまで磨り減る以外に
パンクや障害物、災害、事故など数多くの点で破損するケースがあるため、
いざという時の事態に備えて自動車損害保険に加入をする事が大切です。
タイヤ交換 | | タイヤ | 2009/06/17 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-56.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。