自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
輸入車はパーツ修理費用や保険料が高い?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
輸入車はパーツ修理費用や保険料が高い?
日本国内で普及・販売されている自動車の大半は、日本製の国産車によって
占められています。トヨタ、ホンダ、スズキ、三菱、日産など、日本車の性能と
頑丈さは国内のみならず海外においても大変評判が高いです。

しかしながら日本国外にて生産されて輸入されてきた外国車、主に
アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、スウェーデン 、韓国 等の外車も
また広いマーケット層を獲得されています。
メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、ポルシェ、フェラーリ、ボルボ等が
大変知名度も高く人気もありますよね。

一昔前と違い外車は近年では外出するたびに見かけられるほど普及率も
高まっているのですが、外国産の自動車は購入後に必要になる維持費が、
国内産のクルマよりも高く掛かってしまいがち、という難点もあります。

まず特に多いケースとしては、エンストなどの故障やボディの凹み・傷を
修理する際に、補修部品やパーツの供給が足りずに修復費用が高くかさんだり、
海外から取り寄せるために期間が長くなってしまう事もたびたび起こりえます。

また同様に自動車保険料や車検の費用が日本車よりも掛かってしまう
場合も多いです。

他に、ガソリンスタンドで供給する燃料もレギュラーよりハイオク向けのクルマも
多いなど、全般的にメンテナンスの料金が高い、というデメリットがあります。

外車は購入される前には必ず、後々にかかる全ての費用についての
国産車との対比に関する見積りをしっかりと行われる事を推奨します。

外車での補填 | | 輸入車 | 2009/06/18 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-57.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。