自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車・バイクのメンテナンス・ケアはこまめに。の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車・バイクのメンテナンス・ケアはこまめに。
現在は平成不況に加えて更にリーマンショックによる世界規模での
経済危機が起こってしまい、自動車業界でも購買力の低下という
大きな問題に見舞われています。

新車や新しいバイクに買い換える割合が下がってしまった一方で逆に、
現在所持している車体を長い期間乗っていく分、メンテナンス・ケアをする
回数を増やしていく必要性もあります。

車両にはエンジン、ハンドル、座席シート、シートベルト、ミラー、メーター、タイヤ、
ホイール、バッテリー、ドア、フロントガラス、ボディ、アクセル、ブレーキ、クラクション、
またエアコン、ラジオ、カーナビゲーション、カーオーディオ、ナンバープレート、荷室、

他、非常に多くの機械やパーツが搭載されていまして、その材料も
金属、ゴム、プラスチックをはじめ体への置くのものが使用されています。
国産車と外国車によってもその構造や部品は少なからず違ってきます。

新車のうちはまだ良いのですが中古車を購入された場合や、
数年~十数年と乗り続けていますと、どれだけ性能の良い車体・車種でも
徐々に各機能や細かなパーツに故障や破損が出てきます。

2年に1回の車検(自動車検査)のみならず、自分自身でもために全体を
見渡してみてどこかに異常が起きていないか、
例えば黒い煙を出していたり水や燃料が漏れてきていないか、
シートベルトや座席シート、エアコン等が微妙に壊れていないか、
また以前と比べて乗り心地に違和感が感じられないかどうかを、エンストや
交通事故などのトラブルを防ぐためにも時々確かめられてみる事をお薦めします。

経済的にも厳しい時代であるからこそ、やはり現在所有している愛車に
負担をかけないように大事に扱っていく事も大切なものです。
車両メンテナンス | | メンテナンス&ケア | 2009/06/19 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-58.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。