自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
破損した交通事故車も買取査定してもらえる?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
破損した交通事故車も買取査定してもらえる?
交通事故や災害によって車体が大きく損壊してしまった場合でも、
廃棄処分する前に 事故車でも買取査定を注文できる、という事をご存知でしょうか?

大破して全壊状態なった車体の下取り


中古車査定センターでは自動車やオートバイの買い替えや所有権の手放しの際に
中古での買取りが可能かどうか、また下取りの額はいくらくらいになるかを
査定士の業者さんに見積りしてもらう事ができます。

なのでもう乗らなくなる、もしくは大破して乗れなくなったクルマをそのまま解体の
依頼をして廃車にしてしまう前に、まずはハナテンやカービューなど、中古車の
売買を取り扱われている会社にて査定の依頼をされてみる事をおすすめします。

市場に関わる専門用語
ディーラー
クルマやオートバイの販売業者の事。小売店で点検整備や部品交換を行ってもらえる所もあります。
大古車
年式(製造された年月日)がかなり古い車両の通称。高年式、低年式という呼び名もあります。
モデルチェンジ
別名:マイナーチェンジ。車種名を変えずにボディの設計を新型に変更や改良を行う事。

正面衝突により車体の前面が潰れてしまうほど損壊した場合でも
専門業者やオンライン、中古オークション等での買い取りや査定は
受け付けられていまして、意外な高額で引き取ってもらえる事もあります。

またはすでに修復の済んでいる車体の買い取り受付も勿論行われています。
(ただし盗難車や違法改造されている自動車・バイクは当然、論外です。)

売却で決まる金額の判定基準


査定額や実際の買取額は人気度値段、ブランド、破損した状態、
修理費、維持費、製造年月などによって判定が変わってきます。

よほどひどく故障していたり、相当に古い車の場合は買取ができない事も多いため、
その時は残念ですが、廃車による処分をご検討されてみて下さい。
買取価格査定 | | 旧車 | 2009/06/21 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-60.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。