自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
駐車場で起こりうる事故・悪戯のトラブルとは?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
駐車場で起こりうる事故・悪戯のトラブルとは?
駐車場に自動車やバイクを停めておく時にも様々な危険の可能性が
潜んでいる事にお気づきでしょうか?

特に監視体制のない自宅のガレージや月極駐車場、公園、小さなスーパー、
レジャーランドの屋外の駐車場等では
窃盗やいたずらに遭う事が多いため注意が必要です。

屋外の駐車場

デパートや宿泊施設、空港、フェリー、レジャーランド等の立体駐車場など、
大きな施設では防犯カメラによる監視や警備員・監視員の巡回による
セキュリティ体制が敷かれています。しかしそれでも万全とはいえないので
キーの掛け忘れなどには普段から十分に注意をしておきましょう。

駐車場での主なアクシデント


何か車に異変が見つかりましたら、できるかぎりその場ですぐに警察へ
110番通報をしましょう。

駐停車中のトラブル一例
  • 鍵の掛け忘れや窓の閉め忘れにより車上荒らしや盗難に遭ってしまう。
  • 駐停車禁止の場所に停めてしまい、駐車違反でレッカー車に運ばれてしまう。
  • 曲がり角に停めていたら車体の前端分を擦られてしまい塗装が削れてしまった。
  • ドアの開け閉めやバックによる停車の際に停めていた車にぶつけられて当て逃げされてしまう。
  • 自分自身がぶつけてしまった。
  • ブレーキとアクセル、バックと前進を間違えてしまい通行人に当たってしまった。
  • 壁や自販機などを壊してしまった。
  • バイクが第三者に転倒させられてしまう。
  • オートバイの本体、または付属パーツを盗まれてしまう。
  • 落書きや窓割り、傷などを付けられてしまった。
  • 上から物が落ちてきてボディやフロントガラスが損傷してしまう。
  • 台風や雹、大雪、洪水、地震、火事、落雷などの災害に遭われてしまった。

もちろん近くに駐車場の警備員や受付の方がいましたらすぐにそちらにも
報告して下さい。大部分の駐車場の場合 店舗や警備会社側はトラブルに対する
責任は負いかねます、と書かれているのですが、警察への連絡など
アクシデントに対する適切な処置は行ってもらえます。

被害届けの対処


第三者にこちらが被害を受けた場合は、しっかりとその場、その日のうちに
連絡をすれば警察に現場検証や犯人探しをしてもらえるでしょう。

状況次第で対処も変わり、物損事故として扱われてしまう場合もあるかと
思いますが、少なくとも事故の受理はしてもらえます。

また逆に自身がトラブルを引き起こしてしまった際も、当て逃げなどは決してせずに
ドライバーとしての責任を持って、しっかりと自身で警察に報告をしましょう。

もらい事故や窃盗、悪戯をこちらが受けた場合は任意保険の対象になりますので、
保険会社にも連絡を入れる事も忘れないようにして下さい。
駐車場のトラブル対処 | | 駐車場 | 2009/06/25 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-64.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。