自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
人身事故に遭った際に無保険では危険!の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
人身事故に遭った際に無保険では危険!
自動車任意保険に入らなくても、安全運転を心がけていれば大丈夫、
と考えられている方は少なくないと思われます。(特にバイクの方では)
しかし運転をする以上は100%事故は起こらないなんて事は有り得ませんし、
自分は優良ドライバーだから、もしくは運がいいから大丈夫、と思われている方ほど
案外事故を起こしやすいのかも・・・・?しれません。

クルマのトラブルで最も恐ろしいのが人身事故、
特に自分が加害者になってしまった場合です。

もちろん物損事故のみでも、破損した所持品や建造物によっては
とてつもない被害額になってしまうケースもあるので十分に恐いものなのですが、

人身事故は自分自身や同乗者、そして相手の対向車や通行人といった第三者が
大怪我を負われてしまった場合、最悪 死亡されてしまった場合の
金銭的、そして精神的なダメージは想像を越える重圧となってしまうでしょう。

こちらが被害者だった場合はまだ自分自身に相手側の自賠責保険と任意保険
(自分または加害者側が加入していた場合)が支払われるのですが、
自分が加害者だった場合は相手が重傷を負われた、もしくは死亡されてしまった場合
その賠償金・慰謝料は軽くて数千万円、高ければ一億円を越える額を支払う
義務を負う事になります。

これほどの大金を保険無しにすぐに払える方はそうそういないでしょう。
しかし自賠責保険だけでは残念ながら全体の数分の一くらいしか賄えません。
それほどの交通事故を引き起こしてしまえば罰金または懲役による刑罰や
運転免許の減点、重くて停止処分(免停)、また勤めている会社での
立場も危ぶまれてしまいます。

自分が被害者側だったとしても、もし重傷を負われてしまった際には
リハビリや入院費、復帰までの生活費など様々な面での金銭的な
損失が発生してしまいます。

そんな社会的にも危機的状況の中で任意保険に加入されていなければ
どれほど甚大な被害が降りかかってしまうのか、深く考えるまでもなく
理解できてしまうほど、自動車交通事故とは恐ろしいものなのです。
人身事故の可能性を決して軽視されずに、任意保険にはしっかりと
加入される事をおすすめします。
対人・対物損害賠償 | | 運転 | 2009/06/30 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-68.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。