自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
カー用品・パーツの破損に自動車保険は使える?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
カー用品・パーツの破損に自動車保険は使える?
自動車が車道の事故や災害で大破してしまった時などのトラブル後に
保険を使って被害額の補填を注文する際、パーツやカー用品はどこまでが
対象内に入る?という疑問について。

主な自動車用品
  • タイヤ
  • ホイール
  • カーナビ
  • オイル
  • ETC
  • 小物入れ
  • チャイルドシート
  • 予備バッテリー
  • 香水
  • 交通地図
  • オーディオ機器



まず、上記のように車体の一部ではなく備品として扱われるカー用品は、
タイヤのパンクやカーナビの故障など単品での破損の場合だと保険を適用
させることはできません。

逆に車体ボディやエンジン、フロントガラス、エアコン、シートベルト、ハンドル、
アクセル、ブレーキ、レバー、ライトなど車両の部品に関しては保険を使えます。
ただ、災害による車の大破やガソリンの爆発での車体炎上、盗難などで
自動車ごと損失した場合は、他のカー用品も保険の対象となりえます。
パーツ・部品・用品 | | カー用品 | 2009/07/18 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-83.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。