自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
自動車税の納付金額は車体によって違う?の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
自動車税の納付金額は車体によって違う?
自動車を買った後は自動車保険や車検、メンテナンス、ガソリンの補充など
様々な面でとにかく維持費がかかってしまいますよね。

しかしそれだけではなく、車両を所持しているだけで自動車税を納付しなければ
ならない制度もありますので、予算のやりくりも重要になってきます。

自動車税の納付額は基車種本的に自家用が高く、営業用(事業用)がその
3~4分の1程度の額に安く設定されています。

また総排気量や総積載量、重量、乗車定員数の数値が大きいほど
税率は大きく違ってきまして、例えば1.0リッター以下の自家用車が29500円に
対し6.0リッター超の車両だと111000円と、何倍もの金額差があります。

オートバイなどの軽車両は1000円から数千円、と安く設定されています。

他にも取得価額が50万円を上回る場合の自動車取得税や、
ガソリン税(揮発油税)などの税金もかかりますので、クルマの購入前には
任意保険のコース設定と併用で、よく費用についてご検討されてみて下さい。
車種別の見比べ方 | | 車選び | 2009/07/21 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-86.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。