自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法
被害者側になった時はオーバーチュアーモニターを忘れずに!の頁です。車のトラブル時にお役立ちの自動車保険や損害補填プランの選び方、料金見直しについて、
また新規加入契約や移転・解約時の注意点やドライバー・搭乗者への補償、クルマ・原付・オートバイ・自転車の故障修理・メンテナンス・
損失金額の軽減の仕方・車両アクシデントのロードサービス・対応サポートの詳細を初めての方にもわかりやすく解説しています。 





スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | --/--/-- 
被害者側になった時はオーバーチュアーモニターを忘れずに!
もしも運悪く車両事故に遭われてしまい自分が被害者側だった場合、
相手側が自賠責保険や自動車任意保険の対人賠償保険に加入されていれば
見合った補償額を支払ってもらえるのですが、もし相手が無保険だったり、
ひき逃げにより加害者の特定ができなかった場合には賠償金を受け取る事が
できなくなってしまいます。

そんな時にはOvertureMonitor(オーバーチュアーモニター)という制度により、
国の方でかわりに、限度額の範囲内で保証金を支払ってもらう事ができます。
(死亡の場合:3000万円まで  傷害の場合:120万円まで)

その際には自賠責保険への請求書の提出を行う必要があります。また、
当て逃げ事故の加害者が特定した場合はその請求は後に加害者の方へと移ります。
Overturemonitor | | 自動車保険 | 2009/07/28 





自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法・TOPへ


URL:http://jidousyahoken285.blog50.fc2.com/blog-entry-93.html
Copyright (C) 2008-2012 自動車保険:車両・バイク損保の比較・見直し方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。